1ヶ月

やっと1ヶ月。
c0121201_22192498.jpg【体重---4415g(+975g)】
【身長---55.4cm(+5.2cm)】
【おむつ---新生児用】
【服---50〜60】







K産婦人科での1ヶ月検診。
いちと2人で初めての外出。

まだ1ヶ月になったばかりの小さな小さな“いち太郎”
そして小さなお友達がいっぱい。
小さな、小さな・・・んっ!?
小さな、ち、ちいさな・・・あれっ?
何かおかしい・・・違和感が・・・
『いち、小さくないじゃん!』
『っていうか、みんなに「大きいねぇ!」って声かけられてるし』
でもぉ〜数字的には極端に大きくはないしぃ〜
ってことはぁ〜頭がデ・カ・イ?

ま、いっか!“顔が大きい方がテレビ映りが良い”って言うもんねっ(昔は)

長〜い待ち時間もぐずるコトなく静かにしていた“いち太郎”
うん。うん。イイ子だ!
(爆睡していただけなんだけど)


「いち太郎。今は、小顔でナンボ・・・らしいよ。」
[PR]
# by reichi134 | 2006-12-13 22:11 | イチ0ヶ月〜1歳

0ヶ月

退院後、里帰り。
母曰く「産後21日間は家事をしてはいけない!」とのこと。
お言葉に甘えて育児に専念。
c0121201_034923.jpg

名前は、生まれるず〜っと前から決まっていたさぁ^^

0ヶ月は、ひたすら“おっぱい”と“おむつ”の生活。
“昼も夜も”関係ない引きこもり生活。
出産前からそんな生活を想像してはビビっていたけど
案外平気だわ♪(今までのハードな仕事と夜遊びで鍛えられているのか?)
体力には自信アリのワタクシですが“引きこもり”はしんどかった〜。
こんなに家にいたのは、自分が生まれた時以来じゃないかなぁ。
「ちょっとコンビニに」「ちょっと本屋に」「ちょっとブラブラ」
が出来ない!今までの何気ない行動が懐かしい・・・。
う〜ん。これが『子供を育てる』ってことかぁ。

“カエルのがらがら”いちの最初のおもちゃ。
遊び方は・・・向き癖防止のクサビ(?)の役目。
c0121201_22211130.jpg


意地でも右を向きたがる・・・カエル&タオルの壁にも立ち向かう。
c0121201_22255861.jpg




「もしかして・・・頑固?」
[PR]
# by reichi134 | 2006-12-05 00:37 | イチ0ヶ月〜1歳

誕生!

いち太郎♂
2006年11月11日(土)午前7時35分
体重3440g・身長50.2cm

何度かテレビでみたことがある「頑張ったね〜生まれてきてくれて有難う(涙)」
と言う感動のシーンはアタシ達夫婦にはなかった・・・。
きっとそれは、この産婦人科の方針で いち太郎が
すぐに別室に連れて行かれてしまったからではないだろうか。
余韻に浸る時間ナシ。(対面時間15秒)
そのせい?で
何より「アタシめちゃめちゃ頑張った!!えらい!」
とにかく「アタシ良くやった!!お疲れっ!」
って感じ。(んっ?なにか〜?)
でも、身体も心もとても興奮している。

さてさて予定では↓この子が出てきたはず!30週に撮った4D超音波画像。
c0121201_2311198.jpg


保育器に入れられた“いち”。(K産婦人科は全ベビーが1日目は保育器に入る)
どうかな〜?4Dの面影あるかな〜?
それにしても。。生まれたばかりの赤ちゃんがカメラ目線って・・・。
c0121201_23115425.jpg



それにしても生まれたての赤ちゃんって“しわくちゃ”で“おサル”なんじゃないの?
“いち”はパンパンなんだけどぉ。ほらっ↓
c0121201_2313074.jpg


2日目には既に生後1ヶ月?って感じ。
なんか生まれたてのホヤホヤ感がしないベビーだけど・・・

「はじめまして!いち太郎!」
[PR]
# by reichi134 | 2006-11-11 11:11 | イチタロウ誕生記録

誕生まで

出産予定日は11月20日。
11月10日am5:30。
ふら〜っとトイレに起きる・・・きちんとトイレで破水(笑)

『1人の時じゃなくて良かったぁ』

入院準備は完璧!ヒサポンを起こして破水したことを発表。
K産婦人科に電話をしたら“至急来て下さい”とのこと。
破水してるのでシャワーは×。もちろんお化粧も×。
いつでも出陣できる!
のに・・・ヒサポンのシャワー待ち。
途中のコンビニに寄ってオニギリで腹ごしらえ。
お腹はちっとも痛くないからまだまだ余裕〜♪
【am6:30】
産院に到着。
「破水しているので直に陣痛が来るでしょう」
「破水しているので24時間以内に出産させたい」
とのコト。
陣痛室で“その時”を待つことになった。
ヒサポンは家に帰らされた。→仕事。
【am7:30】
朝食が運ばれる。とっても美味しい!完食♪
なんか緊張してきた。みんなにメールしまくる。
内容はもちろん
“今朝破水しちゃった〜♪”系
【pm12:00】
昼食が運ばれる。しっかり完食♪
とてもヒマ。みんなにメールを送り続ける。
内容はもちろん
“ヒマ〜なんだけど”系
今回は昼食の画像付^^
まだまだ余裕。
【pm3:00】
内診。相変わらず変化ナシ。
子宮口が2cmしか開いていないとのコト。
「子宮口を開かせる機械を入れるわね」と
「!!!!!」
激痛っ!あり得ない痛みっ!ムリムリーーッ!
『もし出産がこれ以上痛かったらアタシ絶っ対耐えられない(涙)』
【pm4:00】
おやつ。ショートケーキと紅茶が運ばれる。美味しそう。
・・・でもイタイ。
駆けつけてくれた甘い物好きの母が
「お母さんも一緒に頑張らなきゃいけないから食べていい〜?」
っとペロリ。
友達にメール。
“痛い”の一言のみ。
【pm6:30】
夕食。美味しそう。でも無理。
母、登〜場!「ちゃんと食べなきゃダメよぉ」と言いながらもペロリ。
【pm9:00】
父母帰宅。※父は仕事を定時であがって来てくれていた。
ひとりぼっち。イタイ。イタイ。
【pm10:30】
ヒサポン来る。
【am0:00】
「出産は明日の夕方頃になりそうだから」とヒサポンは家に帰らされる。
一人で激痛に耐える。時々、助産師さんが腰をさすってくれるのがとても効く。
この状態で明日の夕方までなんて絶対無理・・・耐えられない。
気絶しそうなくらい痛いのに気絶しない(気絶したい)。
こんなに痛いのに涙は出ない。
陣痛恐るべし。
【am3:00】
夕方入れた機械が頑張ってくれているのか、急に子宮口が開きだした!
早朝には生まれるかも。ヒサポン呼び戻される。
痛みはさらにひどくなり
機械を入れた時の『これ以上痛かったらアタシ絶対耐えられない』が
ウソとなった。アタシ耐えられてる。って言うか耐えるしかない・・・。
ヒサポン、大きな手で優しくサワサワとさすってくれる・・・なぜか背中を。半分寝ながら。
アタシは酔っぱらって気分が悪い訳ではないので
できれば、力強く、腰を!お尻を!ゴシゴシってしていただきたかったわぁ。
まぁ、ヒサポンも朝5時半に起こされ、お仕事して、この時間まで起きているんだから
お疲れだもんね。って、嫁が半狂乱になっている所で良く眠れるなぁ・・・
ウルサくないのかなぁ。
【am7:00】
子宮口全開!!いざ分娩室へ!
いきみ方が分からない。分かっていても上手くできない。
もうナニがナンだか分からない!ちょいパニッック。
でも、陣痛に耐えている時よりもやりがいがある。うん。
【am7:35】
ヒサポン立会いの元、無事出産!
破水から約26時間。
この時「一緒に頑張る」と言ってケーキを食べた母はお布団の中。
c0121201_22114427.jpg

[PR]
# by reichi134 | 2006-11-11 07:35 | イチタロウ誕生記録